フリーランスになったら時間を上手く使おう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

ライターとして活躍するフリーランスからの生の声を紹介します。

スポンサーリンク
広告

時間を決めて仕事をする

フリーランスで仕事をする際には、外でのWifi環境にパソコンを持ち運び、仕事をすることがあります。私の場合ですが特にフリーランスを始めて間がないころは、インターネットの情報をもとにwifi環境のある場所を探すこともありました。例えばそのようなwifi環境のなかには、カフェやレストランなどがあります。このような場所でwifiを使用する場合には、時間を決めて仕事をするとよいというのがフリーランスである私の声です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

配分を決めることが出来るという利点

このように時間を決めることは、仕事の配分を決めることができるという利点を持っています。今回のテーマであるフリーランスの仕事のひとつのライティングは、頭を使う仕事であるのですが同時に書くことで一定時間パソコンと向き合うことが必要とされます。そのため体を使う仕事でもあると言えます。そのため特に長時間の作業をする際に集中力のみでなく、長時間作業を続けることが必要とされます。そのような場合には、結果として一定の場所での時間が必要とされることもあります。また移動が滞ることや業務がはかどらないと感じた経験があります。フリーランスは、時間管理を徹底することが必要であると言われることがあります。これは、作業を行うスピードによって報酬が変動するという理由もあると言えます。またライティングでは、その記事を仕上げるための納期が設定されることもあります。そのように限られた時間のなかで成果となる記事を仕上げる際に時間配分を意識することが必要となることもあると言えるでしょう。特に外出時に仕事をする際には、時間管理に意識を向けることや自分なりの計画を作成し、業務に当たることもよいでしょう。そのようにすることで作業の速度が上がることや効率が上がることからその業務以外の行動に移すことができます。また始めの頃には、記事を書く際には、体の疲れに自分で気づくことができないために疲れが出てしまうこともあります。

ライティングは肉体労働だ

フリーランスの仕事のひとつであるライティングは、肉体労働のひとつであることを意識することが必要です。またフリーランスは、自分自身で連絡を取ることによって仕事を得るという仕事体形があるとも言えます。特に連絡では、人と人という基本があるために報連想のように基本的なコミュニケーションが重要な意味を持つこともあります。このフリーランスは、裁量と言われるように自分自身で時間や仕事の配分を決められる仕事でもあります。そのため自分の体を使うことを意識することやプライベートを確保するためにも自分自身を上手く使うことが必要であると感じています。(20代前半女性/ライター)

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする