「一度は会社に勤めたほうが良い」現役フリーランスが語る生の声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 6
スポンサーリンク

はじめまして。
私は、元々webデザイン会社に勤めており、そこからフリーランスへ転向したパターンです。
まだフリーランスになってから日は浅い方なので、多くは語れませんが、リアルな実情を語りたいと思います。

スポンサーリンク
広告

フリーランスになる前に一度は務めた方が良い

まず、フリーランスとして働きたいと考えている方は、ライティング系以外は、関係する企業に一度勤めたほうが良いです。1年程度で良いです。出来れば小さな会社で、業績も悪くないところが良いです。
働いていたという実績と一つコネが作れます。
働いていた実績というのは結構大事で、知識はありますけど、実績は無いです。というのと実績はそこそこあります。というのでは印象が大きく違います。
私も正直、技術や知識は素人に毛が生えた程度で現在も勉強中ですが、年数を聞いてくるクライアントはごく僅かで、先輩や上司にアドバイスを貰った業務でも、実績を見せるとやはり信頼していただけます。そこから本当に一人で積んだ経験を実績として見せていけばOKです。
ただし、あまりにも自分の実力とかけ離れたものを見せるのは勿論アウトです。自分が苦しむことになります。

スポンサーリンク

1人で生計を立てないこと

また、出来れば実家など同居など何でも良いので一人で生計を立てるのは止めたほうが良いです。家事でもなんでもして、とりあえず同居させてもらうほうが精神衛生的にも良いです。
フリーランスの良い所はたいていの仕事が場所は関係ないというところです。これを活かすなら生活費があまり掛からない所でじっくりと力を付けていった方が良いと言えます。
(20代後半男性/デザイナー)

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする