常駐系フリーエンジニアになる前に知っておきたい3つのこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 6
スポンサーリンク

フリーランスのエンジニアのなかでも「常駐系フリーランス」として活躍しているフリーランスから「常駐系フリーランスになる前に知っておきたい3つのこと」を紹介します。

スポンサーリンク
広告

仕事はこうやって取ったほうが良い

常駐系を選ぶと、クライアントとの距離が近いため向こうから仕事が舞い込んでくるケースが多いです。これは非常に魅力的な状態である一方、クライアントの都合に左右されるため、いつ何時に仕事がなくなるかわからないという恐怖もあります。
常駐系で仕事を依頼してくれるクライアントを複数確保することで、積極的に仕事を振ってくれる状態を作ることができます。

ここにお金をかけたほうが良い

個人的には、仕事道具にお金をかけるべきだと考えております。私はITエンジニアなので、業務で使うパソコンや筆記用具、メモ帳などは多少高くてもよいものを選ぶようにしています。そのほうが、仕事ははかどるからです。また、交流会やイベントへの参加費は、高すぎるのも考え物ですが、ある程度お金をかけても良いと思います。商工会議所などが主催するイベントには手堅いクライアントが多い印象です。年会費などはかかりますが、元は取れるのではないかと考えています。

こんな事を勉強したほうが良い

お金周りのことは、必死に勉強した方がいいと思いました。フリーランスをやりながらでもいいので、中小の経理事務程度の知識は必要だと思っています自分は元経理事務なので、その頃の経験がとても生き、帳簿をつけるのも比較的スムーズにできています。

おわりに

サラリーマンと違い、自分のことは誰も守ってはくれません。
常に保険をかけること、そしてその先手を打つこと、勉強し続けることがフリーランスには必要です。
是非フリーランスになる前に、自分には何が必要か考えて頂ければと思います。
(20代後半男性/Webエンジニア)

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする