通信制高校へ入学しようとしている人へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2
スポンサーリンク

公立高校の入試の時期になりました。私立高校を受験された方はもう結果が出て安心している方もいるかもしれませんね。

今日は通信制高校を選んだ若しくは選ぼうとしている人に向けて、通信制高校に在学していた私から少し記事を書こうと思います。

スポンサーリンク
広告

通信制高校には色んな人が居ます。

これを読んでいるのは中学生の方が大半だと思われるので書きますが、中学生くらいだと..というか世間でもかなりの割合で「通信制高校に行くやつは勉強ができないやつ」という風に思われてしまいます。
実際、通信制高校の面接なんかに行くと私服で来てる人とか、ネイル・ピアス・待ってる時間に携帯を鳴らす人等々「あぁ確かに勉強が苦手なんだな」っていう人も多いのですがそういう人が全てではありません。
私みたいに虐待をずっと受けてきてうつ病で、でも家にお金が無くて働かないといけないから通信制に来た人も居るし、夢を追いかけるために自由な時間が欲しくて通信に来た子も居ます。

通信制といっても色々ありますが週に何回か通うタイプの通信を除いて殆ど友達は出来ないと思ってください。友達までにならなくても、通信制の人たちは独特な距離感を保たないとトラブルに巻き込まれたりします。段々と慣れていってくださいね。

レポートは孤独です。

通信制高校の学生になるとレポートというものを定期的に提出します。このレポートというのは大学生が書くようなものではなく大抵の場合、中学生の皆さんが学校で配られている「ワーク」とか、そういったものに近いです。
それを教科書とワークの2冊だけで勉強します。いくら難解なレポートでも”1人”でしか出来ません。通信ですから。
わからないからと適当にやってしまうと不合格となり再提出を求められます。それにテストも年に何回かあるので「分からないまま終わらせる」というのもかなり厳しいものがあります。なので分からなくてもなんとか自分で解けるように・分かるようにしないといけません。

先に書いた「勉強の出来ない人」はここですぐに嫌になってしまい、大体1年生から2年生に上がる時に進級できず退学していきます。

スクーリングは動物園です。

通信制高校にはレポートを定期的に提出する他に、年に数回スクーリングと呼ばれるものがあります。普段学校に通わなくて良い分、授業をその期間中だけ行うというものです。

通信制高校のスクーリングは言うなれば「動物園」です。やんちゃな生徒がやんちゃな奴らと大騒ぎ。携帯でYoutubeの音楽を大音量で鳴らして、教室をフラフラ。笑い声はゲラゲラとうるさい。

私は通信制高校の入試で面接を受けた時、全日制高校に普通に行ける学力を持ち合わせている勉強は嫌いでは無いタイプの人間でした。

なのでやんちゃな子たちが授業を妨害しまくって授業が成立しないスクーリングが大嫌いでした・・・。多分根が真面目な方はこのスクーリングというのが非常に堪えると思います..。

ちなみにスクーリングというのは教室で行うスクーリングだけではなく、体育のスクーリングなんかもあります。学校のある町の体育館に行って適当に運動したり、すごく長い距離を1日掛けてウォーキングするような面白みのないものばかりです。でも卒業するためには必要なので頑張って参加しましょう。

テストは絶対合格しましょう。

レポート・スクーリングとくると、次にテストです。私の高校は1年で2つの期間がテストに設けられていました。

その期間中は学校に通ってスクーリングを受けます。時間としては普通の高校や中学校のテストの時間よりは短いです。というのもみんな勉強せず来るので開始5分位でみんな諦めてしまうからです。
通信の高校はレポートとスクーリングの態度、そしてテストの点数でしか評価されません。この3つを確実に抑えなければ卒業ができないので、テストも確実に合格できるよう勉強しましょう。

卒業できても孤独です。

入学式では本当にすごい数の人が来ていたのに卒業式になると町の小さなホールで卒業式を行っても半分も埋まらないというレベルになってしまいます。
レポート・スクーリング・テストに揉まれ無事卒業したその後、家にお金のある人・若しくは奨学金を借りる人は指定校推薦という枠を使って大体の場合、小難しい試験を受けること無く専門学校や大学に進学していきます。(ネームバリューという意味では..?という大学ばかりですが)

その他に学校にある求人票(ほぼ土木系)から就職をする人、ハローワークなりに自分で行って仕事を見つけてきて就職する人、そして「どこにもいかない」人が結構な割合で存在します。

これは通信制高校ならではといったところです。とある調査で通信制高校の生徒は卒業以前と以後に精神科・心療内科等に掛かっていた・掛かっている人が全日制高校の生徒より多く、進学をしたり就職するという事が難しい状況の人が数多く存在します。

どうであれ、通信制高校を卒業しても全日制高校の生徒のように卒業後も会ったり出来る友達は居ません。(少なくとも私の学校・私はそうでした)
通学課程の大学や専門学校ならまだしも、私のように通信制高校を卒業した後に通信制大学に通うとなると本当に孤独です。

おわりに

通信制高校に入学する皆さんを脅すためにこの記事を書いたわけではないのですが、私自身うつ病である事もあって「寂しさ」が前面に出てしまいました。でも実際寂しいです。
レポートを提出しなくても誰も出せとは言わないし、一緒に勉強してくれる友達も、休みの日に友達と遊ぶこともない3年間。
自由な時間が多い通信制高校だからこそ、是非何か「3年間こんな事を頑張ったんだよ!」と人に誇れるものを見つけて続けてみてください。バイトでも、お絵かきでも、なんでも良いんです。私は3年間みっちりフリーランスとして働きました。結果更に体調を悪化させましたが..。

どうか皆さんの高校生活が実りあるものになることを祈っています。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする