「フリーランスのメリットとデメリットはコレ!」現役フリーランスが語る生の声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 6
スポンサーリンク

私は、まだフリーランスとして働きだしてから1カ月程度です。
そこで見えてきたフリーランスのメリットとデメリットをここで紹介します。

スポンサーリンク
広告

フリーランスになった理由

フリーランスとして活動しようとした理由は、大きくわけて2つあります。
まず、時間に余裕があった事です。現在、転職活動中の為、それ以外の時間に余裕がありました。
2つ目に、登録したら簡単な作業をしたい時にできるという気軽な気持ちで始められた点です。
大きく分けましたが、これが私のフリーランス活動のキッカケとなりました。

フリーランスのメリット

上記を踏まえ、ここからはタイトルにある通り、フリーランスのメリットとデメリットについてお話しさせて頂きます。
メリットとして、一番最初に頭に思い浮かぶのが、作業に対して実施する時間帯はいつでもよいという点です。
実際、プロジェクト等になると納期期限を設ける事がある為、ここまでに終わらせなければならないという事はありますが、作業においては朝に実施しても夜に実施しても作業が終われば構わないという、自分で作業への時間割り振りが可能となります。
他のメリットと致しましては、会社に行かなくてもよく、在宅ワークか可能という点です。

フリーランスのデメリット

ここからは、デメリットに対してお伝え致します。
まず、やる気がなければ儲かりません。
また、やる気があっても稼げるお金は厳しいのが現実です。副業とするのが、私としてはオススメです。
私がやったプロジェクトで、単純作業ですが納期が10日間で作業にかかる時間が80時間程度のものがありました。これで、14000円という収入です。
80時間14000円と考えると厳しい現実がわかると思います。
これは単純な作業だったため時間だけかかり収入が少なくなってしまった例ではありますが、プログラミングやWEB制作などの特殊な技能をお持ちの方であればお金を稼ぐにはもってこいかもしれません。上記が私の考えるメリットとデメリットです。

本格的にフリーランスになるまえに

安易な気持ちでフリーランスの活動を開始するのは良いと思いますが、本格的にこれを職業にしていこうと思われている方はまず副業として実践される事をお勧め致します。
それでもし、フリーランスで稼げて食べていけると思ったら本業にするのが一番良い選択であり、考え方だと思います。
老後の事も考えると会社勤めの方が老齢年金や退職金と良いのですが、何にも縛られて生きたくないという人にオススメします。
仕事の責任は全て自分にあるという事を自覚し頑張って頂けたらと思います。
(30代前半男性/その他職種)

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする