Panasonic メモリーレコーダーAG-HMR10(A)の後継機「AG-UMR20」がやっと発表される

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3
スポンサーリンク

f:id:wakai_ojisan:20161104224143j:plain

(出典:http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/11/jn161104-4/jn161104-4.html#.WBxRvmxZ4No.facebook

Panasonicの公式ホームページでアナウンスがあり、HDCAMのメモリーレコーディングで大活躍したHMR10というレコーダーの新機種である「AG-UMR20」が発表されました。

news.panasonic.com

一応発売当初は「Panasonic版 豆カム」みたいな感じで売られていたのですが、知らぬ間にレコーダー部だけがえらく有名になりました。理由はファイルベース化が進む映像業界で未だに活躍し続けるHDCAMのバックアップ用途として非常に便利であるからです。ENGカメラ後方に付けるための専用パーツも販売されていましたし、レコーダーもAVCHDでの記録でしたが、現実問題バックアップはその程度で十分ということでバカ売れしました。

なのにこれまた知らぬ間に販売を終了しヤフオクでは凄まじいプレミア価格が付くような商品になってしまいました。
ブラックマジックデザインのメモリーレコーダー「VideoAssist」はHDCAMで主流のHDW-750のレックトリガーが使えないという残念な仕様と、ブラックマジックの製品は突然不安定になるというイメージが付きまとい、HMR10の代替品が無く機材選びに苦戦している制作会社も多かったはずです。

UMR20では3G-SDIからHD59.94pでの収録が可能になり、SDXCカードにも対応、しかもダブルスロットでリレー記録が可能。プレビューに嬉しいHDMI出力の他にマイク・ライン入力が備わっているようです。

細かい仕様はまだ分かりませんが、発売時期は2017年春を予定しているとのことでバックアップに悩んでいる制作会社の皆さんは11月のInterBEEで実機を確認してみると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
広告