RAMSA(Panasonic) オーディオミキサー WR-X02の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4
スポンサーリンク

古い機材アーカイブシリーズ。今回はRAMSA(Panasonic)のオーディオミキサー WR-X02だ。

f:id:wakai_ojisan:20161026124558j:plain

以前紹介したRAMSAのPAアンプWP-1100AとBEHRINGERのMX802がゴミのように置かれているが気にせず。

古い機材アーカイブシリーズ。今回はRAMSAのPAアンプ WP-1100Aだ。 (勘違いで左がゼロかと思って左…
色々な事情が重なり使えるようにしないといけなくなった機材。今回はBEHRINGERのMX802Aというアナログ…

 

f:id:wakai_ojisan:20161026124607j:plain

f:id:wakai_ojisan:20161026124610j:plain

f:id:wakai_ojisan:20161026124613j:plain

f:id:wakai_ojisan:20161026124655j:plain

f:id:wakai_ojisan:20161026124658j:plain

f:id:wakai_ojisan:20161026124705j:plain

コンパクトミキサー WR-X02 | ミキサー サウンド | 商品スペック一覧 – パナソニック システムネットワークス株式会社 システムソリューションズジャパンカンパニー

このミキサーは新しそうに見えるが新しそうに見える中古を購入しただけで、生産完了品だ。現行品はWR-X22というミキサーだと思われる。

公式HPを見ると入力数は全部で14系統(モノラル6系統、ステレオ8系統)、アウトは6系統となっていて、そのため本体上部のSUB OUTやMONO OUTの横の目隠しを外すとものすごい数のボタンが出現する。これは1つのミキサーで2つの部屋のシステムを独立して動かせるよ、と言うウリのためらしいが、今回請け負っている音響環境の構築案件では正直入力は5チャンネルあれば十分だし、アウトもメインLR1本ずつで十分だ。ビデオ入力もスイッチできる等と書いてあって何気に高機能。新品15万なだけある。中古5000円で購入したので随分浮いた。

本当はイコライザーが内蔵されている普通のアナログミキサーを導入したかったのだが、カタログを見せると先方に「素人に扱えないよ..」と言われ散々悩んだ挙句、学校や公共施設で導入されていそうな、音量調整しか出来ないこのミキサーの中古に落ち着いた。もっと言うとPAアンプを別に用意せずパワードミキサーで済ませたかったが、そっちもやはり「難しそう」という理由で却下され、面倒な事になった。

とりあえず動作確認をするために、PCのアウト(3.5mmステレオ)をXLRにするケーブルでX02に入力させ、アウトをMX802Aに、そこからPHONESでモニターしてみた。本当はWP-1100Aの動作確認もしたいのだが我が家にはスピーカーが無く、未だに確認が取れていない。

f:id:wakai_ojisan:20161026125839j:plain

f:id:wakai_ojisan:20161026125842j:plain

パソコンから音楽を流してみたが動作は至って正常だった。この配線だとX02の直接的な音では無いのだろうが、えらく緩いが吐き出され「うわぁ…EQ当てたい..(同時にコンプしたい)」と内心思った。MX802AでEQを多少いじるとマシな音になったが、実際の現場となると別途EQを挟むことは無いので個人的には不満が残る。

このミキサーにはスピーチ・ボーカルの切り替えが出来るEQのスイッチがあり、且つボーカル選択時にはエコーが掛けられる。多少使い分けが出来そうだが現場の素人さんが(厳密には私も音響は素人だが)使い分けられるとは思えないのでスピーチで固定になりそうだ。このミキサーのエコーに期待する人は居ないだろうが、一応言っておくとエコーは微妙だった。

恐らくこれで古い機材アーカイブシリーズは終わるが、音響機材に関わらず古い機材が我が家に来ることがあったらまたアップしようと思う。ではまた。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
広告