偏向報道だと騒ぐ人は一度番組を作ってみると良いかもしれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4
スポンサーリンク

f:id:wakai_ojisan:20160613161030j:plain

かなり煽ってるタイトルですがこんな小さなブログで炎上しないことを祈るばかりです(苦笑)

先日こんな記事がアップされ、うんうんそうだね・そうも思うよね。と読んでいました。

blog.kaerucloud.com

こういった個人の考えを出せるのもブログの良い所なので、私もこの件に関して少し書いてみようと思います。

報道番組のつくりかた

私は以前ニュースカメラとして民放某局と地元のちっさいケーブルテレビ局で働いていました。

地域・局によっては違うでしょうが、カメラマンの立場だとデスクから連絡が来て「◯◯(地域)でどんなことがあって..」と情報が入ってきます。そこからカメラを持ってすっ飛んで行って、初動であれば現場をとりあえず抑えておいて、色んな人からインタビューを拾ったり、捨てのを拾ったりと一通りこなすと衛星を使ったりだなんだで局に映像を伝送します。これでカメラマンの仕事は終わりです。

全体の動きとしてはNHKのホームページに良い図があったので興味の有る方はどうぞ。

WELCOME TO TVML GUIDEBOOK SITE

では偏向報道の原因は

偏向報道と言われてしまうのにも色々な原因が存在すると思います。

  1. 偏向報道だと最初から決めつける視聴者が騒いでいる場合
  2. 何らかのワードに過剰反応する視聴者がいる場合
  3. 良いインタビューが揃わなかった場合(みんな同じことを言っていた等。それも番組としては良いのですが、他局で他の事を言っていると◯◯局は偏向報道していると騒がれる)
  4. 編集で誤解されてしまう場合
  5. 本当に意図的な情報操作が成されている場合

こんなところでしょうか。

個人的には色んな原因が複合的に作用して簡単に「報道がおかしい」と言われてしまう気がしています。

たとえば最初に上げた記事で言うと筆者の方は相模原の事件で「刺青」「大麻」というワードが拾われていることを疑問に感じているようです。

今回この事件の報道をまともに見ていないのでなんとも言えないのですが、刺青の話をすると夕方のニュースでちょっと見た限りでは私はなんとも思いませんでした。容疑者の背景を知る上で、刺青を入れていて教員採用試験を受けられなかったとなればそれは容疑者の人生にとって大きなイベントです。それが事件の発端になったのなら取り上げる必要があると思いました。でも実際、教員採用試験に落ちたという事が原因かどうかは容疑者にしか分からないので、とりあえず報道するのです。そして視聴者にも考えさせる。

それにインタビューでも複数人が刺青の話をしていたと思います。複数人居るのに編集で拾わないのも問題になります。やもすれば刺青業界(あるのかどうか知らないのですが)から「そんな話拾われたらイメージが悪くなるから」と、情報操作にお金をもらったとか、そんな話にもなってしまうかもしれません。このワードが拾われたことは仕方ない、と個人的には思いました。

…が、そう思わない人も居るのです。少なくとも先のサイトの方はそう思ったのです。

真面目に生きている刺青愛好家もいる

その通りです。愛好家の方からすればそう思われて当然なのです。不思議な事ではありません。全員が悪い人ではないのですから。

報道をやっていても思ってました。もうこればっかりは自分にはどうしようもないなと。

それ本当に偏向報道?

オンエアされた報道が良いよう捉えられるか悪いように捉えられるかは、視聴者次第です。障害を持っている方と、刺青愛好家ではまるで受け取り方が変わってしまうでしょう。万人に納得してもらえるものなど無理です。もうこれは仕方ないかなと思ってます。

こんな事言うと話をすり替えられたと思う方も出てくるかもしれませんが、個人でニュース番組を作ってみるのはどうでしょう。想像以上に難しいと思います。

ほんの少しでもインタビューをしたことがある、人の話を切り貼りする編集をしたことがある人等々にはわかると思いますが、本当に編集1つで話が丸っきり変わってしまったりします。

作り手によっては事件とは全く別の方向に番組の方向が向いてしまうかもしれないし、沢山のインタビューから構成された考えさせられる内容になるかもしれません。

いずれにせよ、自分で番組を作ってみるとその後からテレビの見方は変わると思います。

おわりに

このままだとダラダラと書いてしまいそうなので終わりに持ってきました。

本当の偏見報道は実際あると思います。でも一生懸命やってる人はやってます。報道の人間もまた、全員が悪い人ではないと分かってもらえればなと思います。

開き直るわけではありませんが偏見報道は日本に限ったことではありません。海外はマスコミ単位で動くことは日本ほど多くはなく、ジャーナリストと呼ばれる人が個人で動いて発信することが多いようです。もちろんそれでも偏見報道はあるでしょう。

でもそれだけ色んな人が情報発信をしていれば、日本のように入ってくる情報がどこも同じということは無いでしょう。そうると受け取り側も口当たりの良い情報を拾えるので騒ぎが少ないというだけの話だと思います。多分。

あと、別に取り上げたサイトの方と仲が悪いわけではありません()Liabさんはとっても良い人です。

色んな考えがありますからね。こればっかりは仕方ないことですね。では。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
広告