地下アイドルの解散を見た話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3
スポンサーリンク

f:id:wakai_ojisan:20160605000534j:plain

こんにちは。先日アイドルの刺傷事件があり地下アイドルのライブ運営に関わっていた時のことを書こうとずっと思っていました。

ニュースは詳しく知りませんが、男性の一方的な恋愛感情みたいなものでこういったトラブルが起きることはアイドルだろうが一般企業だろうが大小問わずあるものですよね。でもアイドルといえば恋愛禁止というルールが多いもの。

私が1年間程関わってきた地下アイドルが、メンバーたった1人の「恋愛」で解散してしまった時の話を書きたいと思います。

地下アイドルとの出会い

以前カメラマンをしていた私はお知り合いから声を掛けて頂き、とあるライブハウスの撮影ではなくてスイッチャー(※1)という立場でとあるアイドルイベントのネット配信に携わっていました。スイッチャーと言ってもカメラ5台分。

割と今はこういうネット配信はどこでもやってます。ライブハウス(ハコ)がやってる場合もあるし、企画系の番組的なのもあるし。

この仕事からとある地下アイドルの1年間を見ることになりました。

 (ちなみに説明しておくと、この仕事はとあるライブハウスが某制作会社に依頼しネットでライブを無料配信するというサービスでした。そのネットライブ中継で興味を持った人を箱に呼び込む事で利益を上げます。しかし、その後どこかのベンチャーだかどっかがそのサービスをうまく使ってもっとビジネス的に収益を上げるサービスにしたいと話を持ちかけてきた矢先の出来事でした※3)

地下アイドルなんて全然知らなかった

リコーダーすらまともに吹けない私。バンドやってる友達も居なかったしライブハウスなんて入ったことも無かった私は「空気の悪いところだなぁ」と思いつつも仕事のため月に何回も出入りするようになり、名前も全く分からない謎バンドや謎パフォーマー、そして地下アイドルと間近で接するようになりました。

地下アイドルって見てみると意外と普通です。この子たちが歌ってる曲をAKBが歌ったら売れるんだろうなぁ..って感じでした。

地下アイドルA

その中でもライブの時はお客さんの入りが凄まじかった地下アイドルA、メンバーは個性派揃い(どこもそうだけど)で、リーダーはB子。メンバーの数は伏せておきます。

地下アイドルAのファンの年齢層はとても広く、大学生くらいの若い人からそろそろ定年かな?というおじさんまで居ました。

ただ客の入りが良かっただけでは忘れていたかもしれないのですが、月に何回もライブをするものだから次第にメンバーの顔・名前・曲の歌詞まで覚えてしまい、なんとなく「あぁファンの気持ちはわかるような気もする」と思い、出来るだけ配信の質も高めようと手の込んだテロップを用意して行ったりとなかなか楽しいものでした。

目に見えて変わってきたリーダーB子

このAというアイドルはスタッフにもとても愛想良く接してくれて、元気が良くて、丸3日とか寝てない事も良くある我々制作スタッフを癒やすものでした。今思えば超ブラックだよね.

そのアイドルAのリーダーB子、どうやらタバコを吸い始めたようでした。私が配信に携わり始めて半年を迎えた頃でした。

まぁアイドルもタバコくらい吸うよなぁくらいに思っていたのですが、更に2ヶ月程経った頃のとあるライブの日。テクニカルのリハ前に少し打ち合わせをした時の事。駆け寄ってきたアイドルAのC子がコソッと教えてくれたのです。

「B子が最近ボイトレとかダンスの練習にも来ないから今日のライブはちょっとグダるかもしれないよ。最近ワタシ達とも遊ばないし嫌な感じ~」と。

今までメンバーの悪口というか愚痴みたいな、ギスギスした空気を醸し出さなかったアイドルAに初めて煙が立ったように見えました。

言われてみれば最近メンバーと喋ってる所を見ない。孤立している。何かあるとメンバーは既に感づいていたようでした。

ライブで笑う時間が少なくなったB子

アイドルは常にニコニコしているものです。というかそうあるべきだと思うのですが、この頃ライブであまり笑わないというか、あんまり楽しくなさそうでした。

常にムッとしているというか、それどころか時折ものすごく怖い顔になります。

あぁこれ本当になんかあるなとモニター越しに思っていました。

解散は突然に

そろそろこのライブ配信もサービス開始から1年目。色々見直す時期だろうと上の人間が騒ぎ始めていた頃、その日もアイドルAのライブがありましたが急遽セトリ(セットリスト)差し替えと言われて何事かと思ったら、「なんかあったらしいよ~」とやんわり聞かされました。あっこれヤバイなと直感で気付きました。

その日の配信が終わって、終電の電車で帰宅している最中に私の上司に当たる人間から「Aが解散しました」という件名のメールが届き、解散の報告を受けました。

またその理由が、リーダーB子が男と出歩いている所をファンによって目撃され写真まで撮られて事務所に通報された事であった事が書かれており、そのことを本人に追求すると付き合っていた事を認めて契約違反と言う事に。

その為不祥事を起こしたアイドルとして処理しあらゆる情報を消したいという事務所の意向でライブ配信時に今まで撮りためていたライブ映像(※2)のうちAが出演した箇所の速やかな削除、保存しているHDDの即時返却を求められ、その日は5TBに近い未圧縮のスイッチャーアウト(PGM)を録画した.aviファイルをひたすら削除し、制作会社にHDDを返却するという作業をしていました。

ただの恋愛じゃ無かったのでは

私はアイドルAの所属する事務所のスタッフでは無いのでこれ以上の事は聞かなかったし聞けなかったのですが、二度と再びアイドルAのメンバーに会うことはありませんでした。当然ですが。

ただ気に掛かっているのは、B子がタバコを吸い始めていた事と笑わなくなった事です。仲間と遊びに行かなくなったのは付き合っていたのなら有り得そうですが、この2つはどうも別の理由があるんじゃないかと考えています。それが何かは分かりませんが、男が悪いのか、また付き合い始めた理由として精神的に何か寂しさを感じさせるような状態だったのかもしれないし、幼少期に何らかの問題を抱えていたのかも、とも思います。家族じゃないので考え過ぎかもしれませんが。

寂しかった

スタッフではあったものの1年も関わっていたわけですから「はい今日から会えません」というのはなかなか寂しい物がありました。

更に言えば、このライブ配信もちょうど1年目を迎える時期で運用の見直しも考えられていた事は先程も書きました。そのタイミングで私と他のスタッフは別の会社のスタッフに入れ替えとなりました(※3)そのためこの解散報告を受けてから数十日で私はライブハウスの現場から離れることとなりました。

いろんな経験をさせてくれた仕事とアイドル。そのどちらも失って、なんとなく寂しさは感じました。

まとめ

アイドルの恋愛には色々な事情が重なっているものと考えます。

風俗で働いている女性を落とす(付き合う・結婚する)にはお金と地位と優しさがあれば大丈夫(勿論全員が全員ではない)とどこかで聞きました。それはそういったところで働く女性の幼少期に何らかの問題があったためで、常に寂しさを抱えているからそこで働いている場合があると言うことです。そういう人にお金と優しさを持ち寄ればすぐに寄ってくるということだそうです。

アイドルにももしかするとそういった事情があって活動している人も居て、ファンが付く・人気が出るという事ではなくもっと近しい人にいてほしいと思ってしまった結果が恋愛で、それが露見したというのはありそうです。

とはいえ自分はアイドルではないしそのマネージャーでもなければその業界に精通している訳でもないので全て憶測の話しです。

ちなみに普段の私はAKB48とかそういうアイドルには全然興味ありません。

私もすぐ寂しさを感じる人間なので早く結婚したいです。お嫁さんください。

※1 リアルタイムでカメラのスイッチング、外部入力からのテロップの挿入をする人間の事。但しこの現場では私がVE(ビデオエンジニア )的な事、ネット配信全般までも担当。未成年の私にここまで任せてくれたのは本当に良い経験になったと今でも思う。感謝。

※2 実はサービス運用1年記念で今までそこでライブを行ったアーティストの映像をYoutubeアーカイブする企画がサービス開始当初からあったため、スイッチャーからのPGMをネットだけでなくSSDで録画する業務用レコーダー(BlackmagicDesignHyperDeck Studio Proだったと思う)にも流し込んでいた。

※3 機材のレクチャー、データ管理等々をサービスを買い取った(介入してきた)ベンチャーな会社の人間に引き継いでスタッフの入れ替えを行った後数ヶ月はサービスの運用は行っていた様子。でもその後突然運用停止、引き継いだベンチャーが潰れていた。配信に使う機材とかこのサービスの考案元であるライブハウスはどうしているのだろうと思ったらそこも潰れていた。1年掛けて作り上げた配信サービスが見えないところで消滅するのは、自分が育てた子供が行方不明になるような気持ち。つらい。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
広告