制作者視点で動画の違法アップロード問題を考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2
スポンサーリンク

f:id:wakai_ojisan:20160527233526j:plain

以前所有していたHDV唯一のショルダーカメラ SONY HVR-S270Jです。今はもう現場では見ないのかな..分かんないけど、XDCAMが主流ですよね今は。

Youtube若しくは他の動画共有サイトへ違法にアップロードされた何らかのテレビ番組、ライブDVD、その他諸々の映像を見たことある方。いらっしゃいますね?

私だってあります。無料で見れちゃうんですもの。検索で引っかかっちゃうし。

今は規制も厳しくなり数こそ減りましたが、オンエアして1日しないうちにアップされるドラマ・アニメ・報道番組は沢山あります。

先日フジテレビの「全力!脱力タイムズ」という番組で違法アップロードの話がされていたようで、こういう話題もいいかなと思い記事にしてみます。

「されていたようで」というのは、私がこの番組を見て放送数分でつまらなくなって本題に入る前に視聴をやめてしまって中身は知らないからです。すいません..。

私の映像もある!

さてそんな違法アップロードの話題を聞いてから過去自分が制作に携わった映像で、公式にYoutube等で共有されている筈のないものを探してみました。

すると案の定Youtubeにアップロードされている動画の中に、数年前に私が制作した映像を発見しました。懐かしいです。

内容は某アーティストの初回限定盤CDに付属するDVDに収録されている特典映像です。

制作したというだけで著作権とかそういうものはレコード会社のものです。ので、私が著作権侵害を訴えることも出来ないはずです。その辺はよく知りません。訴えようとは思いませんが。

それなりのお金をもらって作った映像です。

個人的には

Youtuberと呼ばれる人たちが居ますがそういうYoutubeで食ってる人が無断転載されたのとは別に、私の作った映像には自分の顔は載っかっていないし、映っているのは例えばレコーディング時のスタッフとかMVの制作スタッフ、そしてアーティスト本人です。

制作した自分としては正直「まぁいいのかな」って感じです。

むしろ、違法アップロードされる程の仕事をしたのか…って思っちゃいます。弱小クリエイターだったのでそんな感じです。

再生回数は数万という数でコメントもたくさん寄せられていたし、嬉しかったのはそのコメント。普通に映像を作っているとテレビ番組でもない限りはその映像に対するフィードバックというか感想は聞けないんですよね。直接のクライアントの反応なんかは納品時に分かりますが視聴者の声というのはなかなか聞けないものです。

テクニカル的な問題ではなくとも、おもしろかった・つまらなかった、そういう意見でさえ嬉しかったです。

とはいえ悪いことであるし、こっちもそう思う

違法アップロードをして更に収益化している人が多いようなのですが完全にアウトですよね。削除されるだけならまだしも、著作権者に訴えられたら完全に負け..ですよね?

制作者個人としては「別にいいかな」でも、同時にその映像を生み出した親的な感情もあるので「勝手にコピーすんな!」とも思うわけです。そもそも違法にアップロードされていた私の制作した映像はDVDで配布されていてしっかりとコピーガードをプレス時に掛けられているはずです。それをわざわざ外してアップとはアウトでしょう。

そのうち警察の見せしめで沢山捕まりそうですね。もう捕まってるのかもしれないけど。違法アップロードしている人は素直に削除しましょうね。

ブログ問題

著作権法とかその辺には疎いのでよく分からないのですが、一部ブログに先ほどの私制作の映像を直接カメラで撮影(スチル)してブログにアップして記事にしている方が居ました。

内容は写真とともに「キャー◯◯(アーチスト)素敵~~♡」みたいな感じだったのですが、これって良いんでしょうか。アウトだと思うのですが。

違法アップロードの解決策「TVer」

これが出てきた時びっくりしましたね。「あぁこういうのがアレばいいんだよ」と思いました。民放公式テレビポータル「Tver」です。

あくまでテレビ番組の違法アップロード問題を解決するためのサービスですが良いものだと思います。でもちゃんと利用したのは阿部寛さん出演の下町ロケットの時くらいでしょうか。元々あんまりテレビを見ないので必要ないっていうのもあります。

その時使ってみた感想としては(今は知りませんが)

  • 視聴開始時に広告が流れる
  • シークバーの精度・挙動が宜しくない(カーソルを合わせて表示されてる秒数の場所に飛ばない、あんまりいじると再生が止まる)
  • 映像が結構圧縮されている(当たり前だけど)のでなんか見てて気持ち悪い(職業病か)
  • 見れない番組多数
  • アーカイブ期間は約一週間

という事で、ただ視聴するだけなら良いのですがあんまり著作権問題に真剣に取り組んでないみたいな雰囲気も見受けられました。

特に「見れない番組多数」「アーカイブ期間一週間」というのは権利問題とサーバーの維持の問題によるものだと思うのですが、個人的にはドラマ・バラエティ・報道番組、オンエアされたもの全てをカバーして、ずっと見れるようにして欲しいです。

やるからにはとことんやる。中途半端にやるから違法アップロードが出てきちゃうじゃないかなって思います。もっと本気見せてよ民放。

まとめ

テレビ番組だけで言うならTVerをもっと良い物にして欲しいです。

でもDVDやBlu-rayといった媒体で販売されてるものをアップされちゃうのは都度対処していくしかないように思います。コピーガードなんかすぐ解除されちゃうし。

でもまぁ、それを見る人も居るので成立しちゃうんでしょうね。まだまだイタチゴッコになりそうです。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
広告