夜になると自殺を考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

f:id:wakai_ojisan:20160323232142j:plain

夜になると思い出す。父親の怒鳴り声。

何に怒っていたか分からない。分からないけど、私を殴った。

明日はきっと家族全員笑顔で居られる。

明日はきっと優しい友達が作れる。

今日はきっと悪い夢を見ているんだ。

そう思ってた。

夜になると、布団に入ると、毎日毎日しくしく泣いてしまう。

何年か前までは友達が少なかったけど居たのを思い出して。

みんな私の過去を知っていた。聞かれたから教えた人、聞かれてないけど一方的に教えた人。色々居たけど、話を聞いてくれる人は居た。

「辛かったら話を聞くよ?」

みんなそう言ってくれた。

嬉しかった。

だから辛いことはいっぱい聞いてもらった。

私のような人間の辛いことには答えがない。何が正しいか、間違ってるかなんて誰もわからないから、みんな面倒くさがった。

次第に私から人が離れていった。

私にとってはたった数人の友達だったけど、相手にとっては大勢のうちの一人だった。

しかも相手にとってみれば、私はハズレの友達だったと思う。

ずっとずっとそばに居てくれる人が欲しかった。

きっと私と他の人とでは生きてる世界が違うんだろうね。

駅やショッピングモールに行けばそこは、私が悲しい気持ちでも、他の人の楽しい幸せな気持ちとが、紛れも無くそこに、同じ時間に存在していて、私を苦しめる。

楽になりたい。

ずっとそばに居てくれる人が欲しい。

誰かに愛されたい。

でも無理だから、

私は空を飛びたい。

どこか、綺麗な場所で。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
広告